Coco India

24歳OL女子の、世界を旅するトラベルブログ。

【世界遺産に泊まる!】ハロン湾クルーズ5つの魅力を徹底解説!@ベトナム

f:id:cocoindia:20171021215118j:plain

Coco(@CocoIndiaTweet)です。

ベトナム世界遺産ハロン湾を、1泊2日で旅するクルージングがあるのをご存知ですか?

筆者も先日このクルージングを実際に体験してきて、ベトナム旅行の中でも本当に最高な思い出になったので、体験談を交えながらその魅力を5つにまとめてみました!

 

1. Wi-Fi・電源完備のラグジュアリーバンがお迎え

今回私が選んだのは、ドラゴンクルーズというクルージング会社。

トリップアドバイザーでの評価がすこぶる良く、価格も一人$119(日本円で13,000円程)とお手頃だったので即決でした。

AM7:00頃、少し早起きしたらハノイ市内のホテルにラグジュアリーなバンがお迎えに来てくれます。

8人乗りのバンは、座席はふかふかのレザーシート、各席にドラゴンクルーズオリジナルのウォーターボトルが設置され、スマホやカメラを充電できる電源もあり、車内はWi-Fi完備というラグジュアリーさ!

車に乗り込んだ瞬間からクルージングは始まっています。(笑)

f:id:cocoindia:20171021210321j:plain

一緒になったドイツ人の女の子2人組とフランス人も、トリップアドバイザーを見てこのドラゴンクルーズに申し込んだんだとか。トリップアドバイザーは万国共通なのね。

2017年 Halong Dragon Cruiseへ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー

 

f:id:cocoindia:20171021210351j:plain

FREE Wi-Fi搭載の車内。最高!(笑)

ハノイからハロン湾まで車で約4時間の長距離ドライブ。

普通のツアーバスだったら「うげ〜〜〜〜」となる所だけど、車内が快適なのと途中でトイレ休憩/お土産屋さんに寄ってくれるので、苦にならないのが嬉しいポイント。

充電器があれば電池の残りを気にせずSNSや写真編集に没頭できるので、4時間なんてあっという間でした。(笑)

 

2. クルーズ客船での出会いが楽しい

ハロン湾に着いたら、ボートで2日間お世話になるクルーズ船へと移動。

https://www.instagram.com/p/BXx65AbAoPC/

f:id:cocoindia:20171021210721j:plain

船に乗り込みます!

f:id:cocoindia:20171021210527j:plain

こちらがお世話になるクルーズ船!もっと大きいタイタニックみたいな船もありました。

船に乗り込むと、まずはデッキに集まりランチタイム。

気さくなスタッフが自己紹介や船のルール・ハロン湾について語ってくれます。

f:id:cocoindia:20171021210925j:plain

ベトナム訛りの英語でユーモアたっぷりのジョークをかましてくれるクルー。本当彼が面白くて終始爆笑w

スタッフ構成は、唯一のイングリッシュスピーカーのメインガイドをはじめ、スタッフ・キャプテン・コック、全員で10名程でした。

f:id:cocoindia:20171021211112j:plain

のんびりする時間をたっぷり取りながら、アクティビティが要所要所で入っているような感じ。ワクワク!

f:id:cocoindia:20171021211222j:plain

船の上で食べるご飯は格別!美味しかったです。

各国から集まった乗客との出会いもあって、どうしてベトナムへ来たのか、オススメの観光スポット等話が盛り上がります。

ドラゴンクルーズはフランスや欧米からの乗客が圧倒的に多く、私が唯一のアジア人でした。

聞いてみると初めての日本人客だったそう。 騒がしい人がいなかったのも嬉しいポイントでした。

f:id:cocoindia:20171021211412j:plain

クルージングに参加していたフランス人の老夫婦。絵になる。

ランチ時のオリエンテーションも、欧米の方は常に笑顔でスタッフへも敬意を払うから船全体があたたかい空気で満ちていて、それでいて他人にそこまで干渉せず、各々のプライベートな時間を楽しむ距離感が程よくって「マジ来てよかった」とこの時点で思いました。(笑) 

夕食時にはブラジル人カップルのハネムーンや、最年少アレックス君の13歳の誕生日をお祝いしたりして、最後には乗客とクルー全員が家族のような感覚に。(笑) 

f:id:cocoindia:20171021211701j:plain

 

3. エキゾチックな客室にテンションUP

f:id:cocoindia:20171021213535j:plain

『船に泊まる』と言うだけでワクワクするのは万国共通なはず!

クルーズ船の客室はあまり広くはないものの、中華風の内装にしっかりテンション上がりました。(笑)

f:id:cocoindia:20171021211859j:plain

広さこそないものの、おしゃれで快適な客室。窓からはハロン湾

ハロン湾では、船が大きく揺れることもなく終始穏やか。
船酔いも全くせず快眠でした。

f:id:cocoindia:20171021211927j:plain

サテンのローブが可愛かったのでパシャリ。

 

4. ハロン湾の夕陽が贅沢すぎる

f:id:cocoindia:20171021181318j:plain

しばらくすると、夕陽の見える崖に囲まれたポイントで船は停泊。

エンジン音もせず、しーんとした静寂に包まれます。

まだ明るい内から屋上のデッキに腰掛け、南国色のカクテルを飲みながらパートナーや乗客との会話を楽しんでいると、徐々に陽が暮れてきて...。

 

f:id:cocoindia:20171021212408j:plain

デッキでカクテルを注文。最高なバカンスだ〜

f:id:cocoindia:20171021212510j:plain

爽やかな風と眼下に広がるハロン湾の絶景、なんて贅沢!

f:id:cocoindia:20171021212719j:plain

来てよかったと全力で思える絶景が待っています。

ただハロン湾の静寂に耳を澄ましながら、何もせず絶景を楽しむ時間がとてつもなく贅沢なんです。

夕暮れ時と早朝の幻想的なハロン湾の静けさは、クルージングでしか楽しめない特権ですね!

 

そして陽が暮れた後、周りが青色に染まる時間もまた素敵でした...。(その後は完全なる「漆黒」に包まれますw もう何も見えないw)

f:id:cocoindia:20171021212833j:plain

スタッフや乗客との語らいも楽しい素敵な時間。

f:id:cocoindia:20171021212917j:plain

暗黒に包まれる5秒前のハロン湾w

 

5. ハロン湾でのアクティビティも楽しい

ハロン湾クルージングでは、幾つかのアクティビティも用意されています。

クルージング会社によって内容やボリュームは違うようですが、ドラゴンクルーズではハロン湾のある島に降り立ってみたり、水上で生活する人たちの村へカヤックで訪問したりしました。 

f:id:cocoindia:20171021213216j:plain

無条件に楽しいカヤックハロン湾を散策。

f:id:cocoindia:20171021213317j:plain

水上のパール工場を見学。実際に牡蠣からパールを取る所を見たあとは、販売されてるパールの価格に驚愕w

 

まとめ 

f:id:cocoindia:20171021213739j:plain

ハロン湾を思う存分楽しむことができるクルージング、いかがでしたか?

私はベトナム旅行でこのクルージングがベスト3に入るくらい楽しめました。

のんびり絶景を楽しむバカンスがお好きな方は絶対に気に入るはず! 

 

ドラゴンクルーズ
http://halongdragoncruise.com/

 

Coco