Coco Trip

OL旅ブロガーの、世界を旅するトラベルブログ。

【会社員でも旅したい!】社会人4年目の私が実践する、働きながら旅する方法

春になって、新しい環境でスタートを切った方も、次の春に向けて就活中の方もいると思います。

「社会人になったら休みも取りづらいだろうし、時間がある学生のうちに行ける所行っとこう!」と、旅行しまくった方も多いのでは。私もまさにそうでした。

でも本当に旅好きな人って、定期的に旅出来ないとむしゃくしゃするんですよね。同じ場所に居続けると、どんどん目が死んでくるというか。(笑)

やっぱり社会人になっても旅したい!という事で今回は、社会人4年目の私が実践している、働きながら旅する方法をお伝えします。

 

社会人だろうと何だろうと、旅が好きなら積極的にするべき!

f:id:cocoindia:20170405001540j:plain

社会人になったからって、旅をやめる必要は全くありません。というかむしろ、社会人になったからこそガンガン旅をするべきだと思います。

世界を旅する事で自分のアイデアの引き出しを増やすことにもなりますし、営業職であれば話のネタにもなる。直接仕事に役立たなくても、知識や経験が豊富な人はやっぱり魅力的です。

学生に比べてある程度収入もあるので、世界中で良いものを見て食べて感じて、吸収する事ができるのも社会人になってから旅をするメリット。私はクリエイティブ職なので、とにかく旅先では美術館に行って良いデザインを見たり、話題のお店や現地で人気のサービスやスポットに行って人気の理由を探ったり、良いリゾートに泊まってそこで一流の接客を体験したり。

社会人にとって旅は、ただ羽を休めるだけでなく自分のアイデアの種を増やす最高の機会といえます。

 

f:id:cocoindia:20170405001947j:plain
▲社会人2年目の夏はマレーシアのリゾートへ

新しい知見や世界を広げるのは、社会人にこそ求められる事!20代をどう過ごしたかで30代以降の人間としての面白さが決まると言われるくらいです。積極的に旅に出ましょう!

 

自分が旅が大好きだという事を会社にどれだけアピールできるか

f:id:cocoindia:20170405003803j:plain

とはいえ旅をするには時間が必要で、社会人1年目ともなれば、新人の身で休みは申告しづらい。よくわかります。私も1年目は旅行そんなに出来ない事を覚悟してました。

しかしそんな事には屈しないのが真の旅好き!(笑)これは会社やお仕事による所なので一概には言えませんが、私の場合をお話すると、真っ先に上司を味方につけました。

入社早々上司とランチに行った時に、「実は、外国に住む彼がいるんです」と。国際遠距離なので1年に数回しか会いに行けないことを伝え、更にその流れで「長期休みとかって取りづらいですよね…」と、休みを取ることに対しての微妙な会社の空気感を探っていきました。(笑)

上司としては「新しく入った部下が自分のプライベート、更に悩みを話してくれて嬉しい」「頼れるのは上司である僕しかいない、手助けしてあげたい」と思ってもらえたようで、上司を味方につける事ができました。

 

 

社内で「旅キャラ」を確率して 

とにかく、同期やチームの中で「よく旅に出るやつ」という旅キャラを確立する事が重要です。

私の場合は、入社して早い段階で旅行が趣味であることを周囲にアピールしまくり、長期休暇に海外旅行へ行ったためキャラが浸透し休暇申請が格段にしやすくなりました。

自分から何か言う前に次の休みはどこか行くの?と予定を聞かれるようになればベストですね!(笑)

 

もちろん私の個人的なケースですので、会社の休暇の取りやすさや、上司の性格・ポジション、仕事量などによってアプローチは変わってきます。

でもこれだけは言えるのは、どんな状況でも周り(特にキーパーソンとなる人)にうまく意思を発信する事で、何かしら変化は与えられるということ。

『絶対私の会社じゃ休みなんか取れないだろうな』と諦めず、頭をやわらかくして、果たしてどうすれば休みを取れるか?考えてみてください。

 

長期休みを取る事を「悪だ」と思わない

f:id:cocoindia:20170405002833j:plain
▲会社とは全く違う世界で、思考を整理するのも重要な時間。

最後に働きながら旅する上で大切なことは、長期休みを取って旅に出ることを「悪だ」と思わないこと。その思い込み、非常に危険です。

日本人は基本的に長時間頑張って働く事こそが美しいと考えてきた民族なので、空いた時間に旅行に行くのが主流スタイルですが、欧米は真逆で「長期休暇のために」働きますよね。

どちらが正しいとは言い切れないですが、やっぱり後者の方が絶対的に人間らしい。私たちはロボットじゃないし。楽しくなきゃ、生きてる意味ないですもんね。

 

f:id:cocoindia:20170405002444j:plain
▲インドで額に温かいセサミオイルを流すシロダーラで脳すっきり。人間には良質な休息が必要不可欠!

 

日本でも近年長時間労働が問題視され始めて、時間内生産性やワークライフバランスというキーワードが飛び交い、プレミアムフライデーや大手企業の週休3日制導入など、確実に働き方や休みに対する意識は変わってきています。

休みを取りたいなんて言ったら悪なんじゃないか…とんでもない!

逆にどんどん休んで会社ではできない経験や体験をして、会社に還元すれば良いのです!究極、休んで旅するのは会社のためでもあるということ。

休みを取る事は悪ではなく、むしろ善!恐れずに有給申請を出しましょう。

 

休みが取れなければ週末旅も◎!選択肢は柔軟に

それでもどうしても長いお休みが取れない時はありますよね。仕事だもの。

そんな時は週末を使った週末旅も全然アリ。選択肢を柔軟に持っておく事が鍵です。

私も週末を利用して箱根や伊豆へ羽を伸ばしに行ったり、金曜夜に出発して沖縄へ遊びに行ったり。週末海外は体力的に結構キツいけれど、国内であれば週末で全然楽しめます。

f:id:cocoindia:20180816002955j:plain

同期と沖縄の慶良間諸島へ。

社会人だと旅できない、は大嘘です。

旅行の計画があると仕事のモチベーションも上がるので、国内でも海外でも!社会人だからこそ、積極的に旅してみてくださいね。