Coco Trip

OL旅ブロガーの、世界を旅するトラベルブログ。

【徹底解説】3年の遠距離生活で編み出した、空港で泣かずに彼と別れる方法。

遠距離恋愛って、いい事もあるけどまぁやっぱりつらいですよね。 特に一緒に楽しい時間を過ごしたあと、お互いの住む街へ戻る空港や駅での別れ際は、トラウマになるほど辛いものがあると思います…。

そこで今回は、彼との別れ際に泣かずにさよならするために、遠距離暦3年の実績を持つ私が全力で編み出したソリューションをシェアしたいと思います。

1人でも多くの遠距離さんを勇気付けられたら幸いです。

 

自分の感情をいかにコントロールできるかが鍵

 

f:id:cocoindia:20170326013527j:plain 

特に付き合い始めの頃は一番一緒にいたい時期でもあり、別れ際が最も辛い時期かと思います。彼女の泣き顔は彼も見たくないと思うので、「今回はちゃんと笑顔でバイバイしよう」と毎回心に誓うものの、なぜかそう思えば思うほど逆に涙が出てきてしまう。(笑)

私も待ちに待った彼に会えた瞬間に、遠距離生活に戻る日を想像してしまい泣き出して彼を困惑させたことがあります。(笑)

そんな風に、毎回胸が締め付けられるような苦しい思いをして、彼にも心配をかけて…というのは精神衛生上よくないですよね。なんとか別れ際をポジティブなものにできないか…と、試行錯誤を続けました。

 

そもそもなぜ別れ際に感情的になってしまうかを考えてみると、別れ際には、どうしても遠距離生活に戻る寂しさやしばらく会えなくなる悲しさがブワッと込み上げてきてしまうもの。

要は、そんな自分の感情をどうコントロールするかが重要なわけです。

 

策①まずは次に会う予定を決めておく。

f:id:cocoindia:20170326014127j:plain

まずはじめに出来る解決策が、次に会う予定を決めておくこと。

 

次に会う予定があるとないとでは、別れ際の感情の乱れが大幅に違ってきます。

実際に私は最低でも3か月に1回位のペースで会うようにしていたので、別れが辛い時でも、次の予定があるため「まぁ再来月会うしね」と気持ちを支えてくれました。これは非常に有効です。

なかなか会えないカップルも、それぞれ色々事情はあるとは思いますが、どんな状況でも本気で会おうと思えば時間やお金は作り出せると私は思っています。

時間がない、お金がない。じゃあどうすれば会えるだろうか?

出来ない理由を考えるより、どうやったら出来るかを考えてなるべく会いに行く。その積み重ねができるかどうかが、遠距離恋愛には重要かも。

▶︎まずはExpediaで次会う場所を決めちゃおう。

 

 

策②脳が「別れだ」と認識する前にその場を去る。

f:id:cocoindia:20170326014212j:plain

次に会う予定を決めていたとしても、どれだけポジティブシンキングで保っていたとしても、別れ際に「ここでもうお別れだ」「いついつまでこの人とはもう会えない」と脳が判断した瞬間に、感情が一気に乱れます。

ネガティブ思考が一度始まると、簡単に止めることはできません!(笑)

そこで私は一つの結論に辿り着きました。

グダグダせずにさっさとその場を去る。

これです。(笑)非常に単純で少しドライな感じがするかも知れませんが、胸を張ってこれがベストだと断言できます。脳より先に行動するんです。

自分だけでなくパートナーにも、さっさと離れられるように協力して貰うのが大事なポイント。別れ際にベタベタいつまでもくっついてるのが1番後々つらくなるので、「あれ!?いつバイバイしたの?」「あれもう出国審査?飲み物バッグに入ってたかも!?」と、違う事に思考(脳)をシフトさせてみてください。

脳に感情的になる隙を与えない。少しうるっと来る時はありますが、あまりにも二人して勢いよく「じゃっ!!」と別れるので、逆に笑いが込み上げます。(笑)おすすめです。

 

策③長期間会えない場合は、もう泣いても何してもOK。

割合すぐに会えるカップルは上記の方法がベストな策だと思いますが、中には半年とか、1年以上長期間会えない方もいらっしゃいますよね。

そんな方々は、笑顔で別れるとか泣かないとか考えたり気を遣わずに、泣くだけ泣いてハグするだけハグして自分の感情を正直に出してください。

感情をさらけ出すことは、状況受け入れて前進するために絶対必要なこと。

涙を我慢したり感情を殺す必要なんてありません。思いっきり泣いて、思いっきり目を腫らせて、そして前に進みましょう。

 

 

別れ際って本当につらいですが、まずは次に会う予定が決まっていると大分心持ちも違ってきます。そして私1番のオススメは、ドライにさっさと立ち去り脳に考える隙を与えない事。騙されたと思って、ぜひ1度試してみてください。 

という事で遠距離のみなさま、あまり深く考えすぎずにね。