Coco India

24歳OL女子の、世界を旅するトラベルブログ。

【インドのスイス!?】インド人に大人気!チベットの文化が残るヒマラヤに囲まれた高原地帯ラダック

f:id:cocoindia:20170225122217j:plain

ナマステ〜!Cocoです。

 

インド北部に位置する高原のエリア・ラダックをご存知ですか?

映画のロケ地にもなったラダックは、インド人には大人気の観光地!

チベットの方が多く住んでいて、インドとは思えないような素晴らしい自然や文化が魅力なんです♪

 

個人的にラダックへ行く途中で高山病になったので若干悪口も入りますが、(笑)

今回はラダックの魅力をご紹介しようと思います。

インド旅の新たなデスティネーションとして、参考にしてみてくださいね!

 

目次

 

1. インド人には超人気な旅行先!映画きっとうまくいくのロケ地ラダック(Ladakh)

インドの北部に位置するラダック地方は、チベットの文化を色濃く残した山岳地帯。

とてもインドとは思えないような山々の絶景が広がるまさに秘・境!

 

2009年に公開されたあの大ヒットインド映画「きっとうまくいく(原題: 3 idiots)の舞台にもなったパンゴンツォ湖がある事で、インド人には超有名な人気の観光地!

 

そのせいで、毎年夏のハイシーズンには航空券の価格が高騰!!

フライトもインド人の予約で席が埋まってしまうほど大人気なのです!!!

 

f:id:cocoindia:20170225015707j:plain

▲大ヒットインド映画のロケ地になった事で人気が爆発。夏のシーズンは激混むので早めの予約が◎

 

このラダックの中心地・レーというのはですね、標高が3,500mぐらいの場所にあるんですね。

富士山頂に町があるよ的な。

 

体を順応させてゆっくり行くのが最も理想的なんですが、

私はプライベートバンをチャーターして計画的に向かったはずが

高山病にかかり大失敗でした(笑)

 

かなり険しいと言うか、全然優しくない観光地だと私は思っていますw

(インド人彼はピンっピンしてたので山強い方は平気なのかも)

 

f:id:cocoindia:20170225033412j:plain

 ▲雪も降っててね...本当色々あったんですよ。。w

 

▼詳しくはこの記事を読んでみてください‥w

www.cocoindia.co

 

2. ここ本当にインド!? 壮大な自然と山々が広がる圧巻の絶景!

なんと言ってもラダックの魅力はその景色!

スイスの山々とアメリカのどこまでも続く長ーい荒野が一緒になったような、とてもワイルドで素晴らしい絶景を楽しむことが出来ます。

 

f:id:cocoindia:20170225033538j:plain

 ▲澄んだ青い空と壮大な赤褐色の山々、高山植物が美しいラダック。服装は基本山なので全身ユニクロ様様で。上ではためくのは「タルチョ」。

 

町や峠の至る所に飾られているこの5色の旗「タルチョ」には、そこで暮らす人々の願いが込められています。

チベットやネパールといえばこのタルチョのイメージ強いですよね。

この5色はそれぞれ、この世界を作る五大元素(・風・)を表していて、仏教の教え等が書かれています。

なんでもお経が書かれたタルチョは、風ではためくとお経を読んだのと同じくらい功徳があるんだとか。

 

f:id:cocoindia:20170225130700j:plain

▲中心地レーに行く途中。高山病で超不機嫌www 写真撮ってんじゃねーよとでも言いたそうな顔ww

 

f:id:cocoindia:20170225033627j:plain

▲道路で見つけたストリートアート。いいね

 

ティアドロップ型のサングラスかけてバイクでロードトリップを楽しんでる、

トム・クルーズかマッドマックスみたいなライダーたちも結構います。

 道デッコンボッコンだからバイクとか女子には絶対おすすめしないけどねwww

 

f:id:cocoindia:20170211234859j:plain

私はバイクではなくなぜかロバに乗って山岳地帯を旅する気満々でしたが、ロバが思いの外小さく、ロバに乗る人はいないという衝撃の事実と、乗れても高山病で気持ち悪くなって死亡なのでロバはもう諦めた。ww

 

そ、そして、覚えてますか?確かあれは、中学生の時に授業で習った、

あのインダス川もなんとここに・・!

インダス川ってこんな所通ってたんだ・・!?(ちゃんと勉強してないw)

今まで教科書の中だけの世界だったものがリアルに目の前に現れたので、かなり感動しましたww

インダス川って本当にあったんだ!!!!ww

f:id:cocoindia:20170225033902j:plain

 インダス川〜!想像してたよりずーっと壮大で感動!いい写真なのにインド人の手入っててテンションだだ下がり。てかインダス川目の前なのにどこ撮ってんだよw

 

3. ストゥーパや僧院、ユニークなチベットの文化やグルメが楽しい♪

ラダックの魅力はやはり色濃く残ったチベットの文化!

人も文化も食も言葉も全部デリーやムンバイとは異なるので、同じインドでも違う国に来たみたいな感覚に。

 

 点在するストゥーパや僧院巡りが楽しく、なんだか巡礼の旅っぽい感覚に陥ります。(笑) 

 

f:id:cocoindia:20170225034835j:plain

▲日本にもあるよね。この筒みたいなのと一緒に願い事しながらぐるぐる回って..

 

f:id:cocoindia:20170225033953j:plain

 ▲極彩色が綺麗なチベット僧院。実はこちらの仏像超身長が高く、お顔を拝見するのに3階まで登る必要があるw

 

f:id:cocoindia:20170225034034j:plain

▲レストランの壁にはダライ・ラマの言葉が。壁をミントブルーに塗る発想が素敵

 

 

更にチベタンが多いラダックでは、なかなか普段お目にかかる事がないチベット料理を楽しむ事が出来ます!

ラダックでいただけるチベットグルメといえば、

モモ!❤︎

名前が超かわいいんですが、要はチベット風蒸し餃子!ダンプリングです。 

f:id:cocoindia:20170225034741j:plain

▲中心地レーで適当に入ったレストランで食べたモモ。あんまり美味しくなかったw

 

f:id:cocoindia:20170225034815j:plain

▲有名店で食べた茹でモモ&揚げモモはめちゃウマ❤︎ やっぱり美味しいもの食べたいならちゃんと調べないとダメですねw

 

 

4. 夏にはオシャレでラグジュアリーなグランピングステイも❤︎❤︎❤︎

はい!お待たせしましたラグジュアリーステイ情報〜❤︎

ラダックに行ったらぜひ試してほしいのがグランピング❤︎

大自然の中でラグジュアリーなテントに泊まる体験って本当に最高ですよね〜!

って事でラダックには、グランピングが楽しめるホテルがたくさんあるんです。

 

f:id:cocoindia:20170225035310j:plain

▲私が泊まったNimmu Houseは、フランス人オーナーが歴史ある建物をリノベーションして運営するラダックの田舎にある小さなブティックホテル

 

f:id:cocoindia:20170225014806j:plain

▲ラグジュアリーなテント。さすがフランス人、何から何までセンスが高すぎてマジビビる…(このホテルレポートは今度別の記事にしますね)

 

f:id:cocoindia:20170225014810j:plain

▲インテリアや壁色・テクスチャー等全部オシャレすぎてしばし高山病吹き飛ぶ!!❤︎(笑)

 

f:id:cocoindia:20170225035422j:plain

▲空気も美味しい。(特に大気汚染がやばいデリーから来てるからw)朝食がみずみずしい。そよ風が気持ち良い。そして驚くほど静か。

 

 

素敵なグランピング体験も楽しめちゃう、ラダック。

インドでは超有名ですが、日本ではまだまだ知られていない穴場です!

ラダックの夏は素晴らしいですがハイシーズンで飛行機も取りづらくなりますので、早めにチケットを抑えることをオススメします♪

 

そしてくれぐれも高山病にはお気をつけください。(笑)

 

Coco