Coco Trip

OL旅ブロガーの、世界を旅するトラベルブログ。

【国際恋愛あるある】インド人彼と付き合って感じたカルチャーショック②食編

f:id:cocoindia:20170212234526j:plain

インド人彼と付き合って感じた文化の違い第2回目は、【食編】。

私が特にカルチャーショックを受けた、インドと日本での食文化の違いをご紹介します。

 

▼第1回目【シャワー編】も読んでみてくださいね

www.cocoindia.co

 

目次

 

 

1. お肉お魚が食べれない

インドは様々な宗教がある国。

最も多いヒンドゥー教を始め、イスラム教、キリスト教等様々な信仰を持つ人々が共生しています。そして私の彼はというと、インドの中でも約0.5%(600万人程)しかいない少数派のジャイナ教(Jainism)。

ジャイナ教の信仰をご存知の方はお分かりだと思うのですが、基本的にいかなる殺生をも嫌います。

例えば道の草木や雑草、小さな昆虫であっても踏み殺してはならないと言われ、ジャイナ教の僧侶は呼吸する際に小虫を吸引してしまわぬよう、常にマスクを付けているらしいです。 

私のインド彼はさすがにマスクはしませんが、食事はお肉・魚を一切食べないベジタリアン(菜食主義)。 

一緒にご飯を食べに行っても彼はベジタリアンメニューを、私は普通にお肉とかそれぞれ勝手にオーダーするので特に不便な事はないのですが、 ステーキやお寿司を一緒に食べて「美味しいね〜!」って出来ないのはちょっとさみしいかも。 

 

2.日本に来ると食べる物がない

彼が初めて日本に来た時、初めてベジタリアンって大変!と思いました。

最近やっと2020年のオリンピックを意識してか、ビーガンやハラルメニューに対応するお店も増えて来ましたが、それでもまだまだ日本はビーガンにとってかなり過酷な国。

ビーガンのご友人など日本に案内された方は、結構大変だったんじゃないでしょうか。 

初めて彼が日本に来た時は秋葉原に滞在していたのですが、食べられるものがなくて秋葉原の街をさまよった事を覚えていますw

さすがにそれ以降はビーガンでも食べられる日本食やお店をリサーチしてリストを作ったので、食べ物を求めてさまよう事は無くなりましたが、もっとビーガン対応のお店が増えて欲しいなぁと思います。

 

 

3.辛さを感じるレベル感が違い過ぎる

さすがインド人!辛さを感じるセンサーが鈍ってます。(笑) 

私が特に辛いのが得意じゃない事も相まって、基本的に彼の私への口癖は「え?これで辛いの?」もう聞き飽きました。(笑)

関係ないけど韓国とインドって、どちらが辛さに強いんでしょうね?

 

4.間食が多い

インドの方って間食(おやつ)が多いの、ご存知ですか?

朝食、サモサ、お昼、おやつ、夜ご飯、クッキーとチャイ。道の至る所に屋台やスナックスタンドがあるのも原因なのかも知れませんが、めちゃくちゃおやつ食べます。

私が普段そんなに間食しないタイプな事もあり、おやつ食べずに会社から帰宅しようとすると怒られます。(笑)

 

食はかなりカルチャーショックが出やすいですね。